ホットブラシ 口コミ

【口コミ検証】オススメのホットロールブラシTOP3!

 

 

ホットロールブラシとは高温になる金属部分の上に耐熱ブラシがついているアイテムです。

 

美容院で最後のセットの際に、ドライヤーの温風を当てながら、ブラッシングをしてもらうと思います。自分で美容院のように、片手にドライヤーを当てながら、ブローするのは難しいですよね。でもホットロールブラシがあれば、この動作が1台でできるのです。

 

使うとハマるホットロールブラシについて、もう少し詳しくみていきましょう。

 

ホットロールブラシヘアアイロンのメリット・デメリット

 

 

 

ヘアアイロンには3つあります。

 

ヘアアイロン、カールヘアアイロン、ホットロールブラシです。製品によっては、2つ、ないしは全てを兼ね備えたものもありますが、ここでは一旦省略します。ヘアアイロンは、髪をストレートに伸ばすもの、カールヘアアイロンはカールを作るもので、両方とも高温になるプレートを直に髪に当ててセットします。

 

一方、ホットロールブラシの場合、高温部分の上に耐熱性ブラシが取り付けてあります。この差異がメリット・デメリットを生み出しています。

 

メリット

 

1. 高温を直接当てないので、髪の毛が痛みにくい

 

2. ブラシと同じ使い方なので、テクニックいらず。初心者でもすぐに使いこなせるようになる。

 

3. ナチュラルな雰囲気のセットができる。

 

4. 頭皮や耳などヤケドすることがない。

 

5. ブラシ部分は高温にならないので、手でも触れる。

 

 

デメリット

 

1. 強いしっかりとしたストレートやカールを作ることができない。

 

2. ブラシによって、セットのしやすさ、仕上がりが左右される。

 

 

髪の毛は高温の後、急速に冷えることで、クセがつきます。

 

中心部こそ、200度近くまで温度が上がっても、ブラシ部分はヤケドをしないほど、マイルドな温度になっています。ですから、カール力という面では、ヘアアイロンよりも落ちます。華やかなカールが欲しい!うねりがひどいけど、スーパーストレートに憧れている!という人にはオススメしません。

 

また強くクセづかないので、モチも落ちます。もっとも、モチに関しては、スタイリング剤によってキープ力が変わるので、デメリットというほどではありませんが。しかし、初心者でも簡単に使えて、ナチュラルな仕上がりなので、年齢に関係なく長く使っていけるアイテムです。

 

 

絶対失敗しないホットロールブラシヘアアイロンの選び方♪

 

 

 

1. 金属部分の温度が高いものを選ぶ

 

ホットロールブラシは耐熱ブラシを介しますので、中心の金属部分の温度は高めでないと熱が伝わりにくくなり、クセづけしにくくなります。

 

2. ブラシの形状、熱伝導をチェックする

 

ショートヘアの方ならば、ブラシは小ぶりのものを選びましょう。髪の毛をしっかりホールドできるようなサイズのものを選びましょう。またブラシ部分の密度が細かさや頭皮の当たり具合、熱伝導への工夫がなされているものだと、使いやすくなります。

 

3. ヘアダメージを考慮しているか

 

髪に高温を当てると、水分が蒸発して痛みやすくなります。ヘアアイロンなどと比べると、ずっと傷みにくいですが、マイナスイオンやスチームなど、髪を守るような工夫がされているものだとツヤのある仕上がりになります。

 

 

これらを踏まえてオススメのホットロールブラシをランキング形式でご紹介します。

 

 

口コミ評価の高い人気のホットロールブラシヘアアイロンTOP3!

 

アレティマイナスイオンロールブラシアイロン

 

 

 

世界中へ最先端のヘアスタイルを提示し続けるwigo、WELLAのヘアサロンで使われているアレティによるロールブラシです。

 

上下左右に動く独自技術のチタニウムピンと髪を絡ませることなく巻きつける突起形状のピン。2種類のピンを採用することで、とかしやすく巻きやすいアイロンになりました。しかも軸だけなく、ブラシ部分にまで熱が伝わるので、一度でふんわりカールを作ることができます。マイナスイオンと遠赤外線が放出されるので、パサつきを防ぎながら、自然なツヤを与えます。

 

 

>>アレティ マイナスイオン ロールブラシアイロンの公式サイトはこちら

 

 

クレイツロールブラシアイロン

 

 

 

パイプ表面に「クレイツイオンセラミックコーティング」、ブラシ部分にはナイロンピンを採用しているので、髪すべりが良くなり、ロングヘアでも絡むことなく、スムーズにブローすることができます。

 

パイプ内部に熱効率の高いセラミックヒーターを2枚搭載しているので、すぐに温度が上がり、忙しい朝でもさっとブローに入れます。ブラシ直径が18mm、26mm、32mmの3展開あるので、ご自分の長さに合ったサイズから自由に選んで下さいね。

 

 

>>クレイツ ロールブラシアイロンの公式サイトはこちら

 

 

サロニアロールブラシアイロン

 

 

 

5000円以下でサロンクオリティの実力持つのがサロニアのカールアイロンです。

 

どんな髪の長さでも使いやすい最も汎用性の高い26mmのバレルです。温度表示がデジタル温度表示で見やすく、温度を6段階に調整可能なので、髪質や状態に応じてセットできます。持ちやすい太めグリップを採用しているので、ストレスレスにセットできます。

 

 

>>SALONIA ロールブラシの公式サイトはこちら

 

 

まとめ

 

ホットロールブラシを使えば、ちょっとしたブローがワンランクアップします。髪がキレイだと背筋も伸びて、テンションも上がりますよね。ロールブラシでキレイに磨きをかけて下さいね!